■沿革概要
明治6年
 豊田郡鯨村に呑舟学校あり、同村華蔵院をもってこれにあてる。
明治22年7月2日
 蚕飼尋常小学校となり、華蔵院をもって仮校舎とする。
明治44年9月1日
 現校地に移る。(校舎新築)
大正9年3月31日
 蚕飼尋常高等小学校となる。
昭和16年4月1日
 蚕飼国民学校となる。
昭和22年4月1日
 蚕飼村立蚕飼小学校となる。
昭和30年1月1日
 町村合併により千代川村立蚕飼小学校となる。
昭和37年4月1日
 県教育委員会より学校教育実験地区指定になる。
昭和42年7月
 県教育委員会より交通安全推進校の指定。
昭和46年3月27日
 鉄筋二階建新校舎竣工。
昭和47年7月31日
 プール竣工。
昭和51年11月18日
 環境美化コンクール優良校として表彰される。
昭和52年3月23日
 屋内体育館竣工。
昭和52年10月20日
 学校給食優良校として文部大臣賞受賞。
昭和52年11月22日
 県学校環境緑化コンクールで準特選受賞・子ども貯金優良校受賞。
昭和53年1月25日
 県学校環境緑化コンクールで特選受賞。
昭和55年5月25日
 全国学校緑化コンクール入選、表彰される。
昭和58年4月1日
 県立図書館よりPTA母親文庫指定(昭和60年まで)うける。
昭和59年1月8日
 石下地方教育研修センター指定国語指導研究発表会開催。
昭和61年5月28日 
 県立PTA母親文庫の読書推進活動に対し、県図書館より表彰。
平成1年3月8日
 文部省指定道徳教育推進校として、県教育委員会より表彰。
平成1年3月14日
 校歌碑完成(卒業記念事業)
平成1年7月2日
 創立百周年記念日(航空写真撮影10/13)
平成2年4月1日
 郡教育研究会(小中体連)体育研究校に指定される。(2年間)
平成3年10月29日
 郡教育研究会(小中体連)体育研究発表会。
平成5年10月15日
 石下地方教育研修センター指定国語教育研究発表会開催。
平成6年8月5日
 校内テレビ放送設備設置。
平成6年10月25日
 県指定千代川中学校区特殊学級振興推進事業研究発表会開催。
平成7年9月30日
 校社内大規模改修工事完了。
平成10年7月10日
 教育用パソコン設備設置。
平成10年11月25日
 石下地方教育研修センター指定算数教育研究発表会開催。 
平成12年4月1日
 2,3年生が複式学級となる。(平成15年まで)
平成13年11月12日
 県統計グラフコンクール奨励賞を受賞。
平成14年5月20日
 学校評議員会議開催。
平成14年10月23日
 本物の舞台芸術体験事業実施。(ニ期会合唱団)
平成14年11月11日
 県西地区体力つくり推進事業授業公開。
平成16年2月20日
 県体力つくり優秀賞を受賞。
平成16年4月1日
 子どもの農業・農村体験学習推進事業実施。
平成18年1月1日
 市町村合併により下妻市立蚕飼小学校となる。
平成18年4月1日
 2,3年生が複式学級となる。